幼獄10

ここは幼獄…寡黙な父親は毎日何も言わずにSEXを強要してきた…私が産まれるのと同時刻に母親は息を引き取った…それから私と父の生活が始まった。父は生前の母を心から愛していたのだろう。過去の2人の写真を見ると幸せそうに寄り添い映っている。だけど、私は父の笑顔を見た事がなかった。箪笥の裏にしまってあった母と父の写真を見るまでは。私の過去の父の思い出といえば卑しい顔で黙ったまま私を荒々しく抱く姿だけだから…。 ※本編顔出し

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる