いたずら第二章 幼淫悪戯 ねね

公園で遊ぶ一人の少女を遠くから見つめる黒い影。その影は、少女の手を引いて行ってしまう…。汚らわしい大人の欲望のために連れられて行く。見知らぬ大人の男に体を触られ、今自分に起きている事が理解出来ず、戸惑いの表情を浮かべる。しかし、理解が出来ないとはいえ、小さな少女の体は反応していた…。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる