あの日のおもひで 参

思い出すのも忌まわしい、あの日の記憶…。忘れようにも、少女の体に刻み込まれた快楽の刻印は、決して消えることはありません。かずは、るび、はるな、各々タイプは違えども、大人になるにはまだ早すぎる彼女たちに、歪んだ男の欲望が溢れんばかりに注がれていきます。少女の純潔さを踏みにじることに無上の歓びを感じる、ケダモノたちの宴の始まりです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる