MENU

性交少女+ロリータ 長谷川さやか

都内の一戸建て住宅。ひとりで留守番をしているさやか。そこへ近所のおじさんがやってくる。これは、さやかを性のはけ口とだけ考えている邪な男の物語。ブルーのワンピースを着たさやかの体をまさぐる男。なんの疑いもなく男の行為を受け入れるさやか。未成熟でありつつも豊満な胸を揉みほぐすと、男の手はさやかの下半身へ伸びていく。下着の上から水蜜桃のように甘く柔らかいお尻をまさぐる男の両手。白い肌が男の手で汚されていく。股間の肉襞をパンツの上から執念深くいじると、女としての快感を感じ始めるさやか。激しく指とローターで刺激すると、幼い喘ぎが口から漏れ始める。そして従順なさやかの小さな口に肉棒を吸わせる鬼畜。その鬼畜の肉棒は、さやかのピンク色の女性器へと深く入っていく。男性自身が未成熟な女性器に激しく出し入れを繰り返すと高い悲鳴を上げるさやか。最後、男の精液はさやかの口へと注がれる。口の周りにまとわりついた男の精液を残さず口へとかき寄せる味わう。何もわからない少女は、いつまでも性の慰み者にされ続ける。 ※画像はイメージであり、実際の内容とは異なる場合があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる